保護した三毛の子猫ちゃんの里親さんが決まるまでをつづります。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
洗ったら・・・
2010年06月19日 (土) | 編集 |
洗面器にはったお湯につけると、ノミらしき虫がポツポツと浮いてきました。

ノミ取りクシでとかすと、毛の下で逃げるようにノミが動きます

ノミ取り用のシャンプーはなかったので、とりあえず、家にあったノルバサンシャンプーで代用。(一応、低刺激性で子猫にも使えるってなっていました)

洗っている最中も、乾かしているときも、毛の間からノミらしき虫がチョコチョコと顔を出し(>_<)

虫がノミだとすると、薄茶褐色の汚れは、雨で濡れてノミのふんが溶けたからだったんじゃないかとも思ってしまいます。(濡れると赤くなるのは血を食事として消化した糞だからだそうです)


洗われているとき、時々鳴く子猫ちゃんの声は、けっこうハスキーボイス。鳴き続けて、声がかれてしまったのでしょうか。
声を聞きつけて、先住猫がお風呂隣の洗面所に扉を開けてやってきてしまいました。
お風呂からあがったら飲ませようと思って用意して置いておいてもらったミルクを、えのき(先住猫)が飲んじゃうし(+o+)

先住猫さんたちを別の部屋に連れて行き、乾かしていると、タオルの中でだんだんと動きがなくなり、目を閉じ始めたので、一瞬あせりました。
疲れて眠くなってしまったようでした。

きれいになって改めて見ると、茶色の毛もあって、三毛猫さんだと発覚。
2010-06-19.jpg

片手で抱っこできて、えのきを保護した時よりもちっちゃいと思われ。


スポイドでミルクを飲ませると、ゲージの中のシートでチッコをしました。乳歯が生えてきているので、ウェットフードも用意すると、少し舐めていました。
ゲージにぬいぐるみをいれると、それにくっついて寝始めました。


これで、ほっと一息。やっと、お父ちゃんの夕食タイムです(笑)

改めて話を聞くと、強い雨音の中でも聞こえるほど、大きな声で鳴いていたとのこと。通り過ぎた後、Uターンして近づくと、靴の上に乗ってきて一生懸命アピールしていたとのこと。でも、家に連れてくる間に、だんだん声が小さくなってあせったとのこと。まわりに他の猫、子猫の姿はなかったとのこと・・・。

保護現場は、当日の数時間前にもワンコの散歩で通ったりと、毎日何回か通る道なのですが、子猫やおなかの大きな母猫の姿を見たことはなかったです。

それにしても、えのきを保護した後、今回だけだぞ、って言っていたお父ちゃん本人が保護するとは・・・。えのきの影響で今まで以上に、ニャンコ好きになったんだろうなぁとも思ったり。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
テーマ:里親探し
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。